猿でもわかるレノロックの使い方

猫でも分かるプログラミング、別名猫にしかわからないプログラミング

ということで、レノロックの軽いガイドみたいなのを書こうかなという気分です。別に僕はレノロックのスペシャリストとかそう云うのでは無く、レジェ帯でギリッギリ勝率6割あるかないかの人間。

ただフラフラと配信を見たり観戦をすると、目を疑うようなプレイがそこかしこに存在するので、需要はあるのかなと。プレイが適当でも結構勝てちゃうのがこのデッキなんですけどね

マリガン編

どんな相手でもだいたいキープ

636138661674399340       27228

カザカスは、相手がアグロだろうがミッドレンジだろうがコントロールだろうが殆どキープが正解だと考えて問題ないカードです。手札に山の巨人とか4マナで確実に出すカードがあったとしても。

そもそも、なんで貴方のデッキにはカードが1枚ずつしか入っていないんでしょうか。デッキの強さを考えれば、強いカードを2枚積んだ方が100倍ぐらい強いのにも関わらず。

理由は当然で、レノジャクソンとカザカスを使うためなわけです。ただまあ、レノミラーみたいな一部のマッチアップでは、レノジャクソンを中々使わない&どうしても欲しいカードがある場合にようやく戻すかどうかを考えていいかも。考えるだけで、戻せというわけじゃないです。

カザカスを戻す人が結構いるけど、このカードは最強です。コントロール相手はブランと組み合わせて使わないといけないと考えている人が居るけれど、そんなことはない。カザカスの使い方だけで記事一つかけそうだけどそれはまた別の機会で

アグロ相手はだいたいキープ(最近流行りの海賊とか相手ね)

doomsayershadow-bolthellfiremortal-coil

だいたいココらへん。悪魔の憤怒を残すかは趣味で、僕は他が良さげだったら残す。ギャングボスとか遠見師も同じ

特に説明することはない。

ミッド以降の相手にだいたいキープ

twilight-drakemountain-giant

これも特に説明することはない。片方来たからもう片方を戻すとかは絶対にしないでね。もししたら僕は怒ります。上の2枚が来たときにエンペラーなどを残すことも可。レノミラーで後手番の時は終末預言者もキープに変わる(3ターン目に投げるため)

ミッド以降のマッチアップ別は長すぎるので省略

プレイ方針

基本的には、顔の横についているボタンを安全に沢山押しましょう。押した数だけ君は強くなれる。2コスミニオンを出すぐらいならボタンを押そう。

アグロ相手

処理してヒールして勝ち。出来なきゃ敗け。

本当に言うことはないです。

ドルイド相手

早めに山の巨人、4/8以上のドレイクを出したい。

その後もミニオンを並べることを目的として頑張ろう。盤面を必死に取ることだけを考える。

先行2ターン目繁茂、3ターン目ファンドラルスタッグヘルム、4ターン目滋養をほとんど防げない。しょぎょーむじょー

プリースト相手

基本はドルイド相手と同じように盤面を取るゲーム。ただし、あちらはミニオンを出して盤面を取るが、こちらは全体除去を使って盤面を取る。気軽に影の炎を撃たないように

レノロックミラー

ややこしく見えるが、実際はそこまで難しくない……?

4ターン目に山の巨人を片方だけが出すとそれだけでゲームが終わりかける事がある。基本的に先出しの方が強いので、後手番は3ターン目に終末預言者を出して抑止するのが重要。ただし、返しにドブネズミを使われて強いのが落ちても泣かないように。

基本的には盤面で小競り合いをしながら、リロイ、凄まじき力、フェイスレスの20点コンボを決める戦いになる。この3つを途中で気軽に使うプレイングを絶対にしてはいけない。マナカーブ良いからって5ターン目に山の巨人をフェイスレスでコピーとかは、よっぽどのことがない限りしないでね。エンペラーも、この3枚のどれも無いのに出すのはあまり良くない(20点コンボがあるように見せかけて、相手に無理なトレードをさせるという意図があればその限りではない)

上記のコンボを前提とした戦いになる。

ブランドブネズミをするとsjowがブチ切れる

小手先の技術編

別名、コンボ

leeroy-jenkinspower-overwhelmingfaceless-manipulatoremperor-thaurissan

エンペラーでどれか1枚のコストダウン→リロイ召喚→凄まじき力強化→フェイスレスコピー、2体で殴って20点

上でも書いた通り、レノミラーで活躍

brann-bronzebearddirty-rat-testmind-control-tech

(相手が3体以上ミニオンを出している時)ブラン、ドブネズミで敵にミニオンを2体召喚。精神支配技師で2体奪う。

3体なら精神支配技師喰らわないだろとたかをくくっている相手に決めていこう。これもレノ、アヴィクンドルのようなコンボデッキや強い雄叫びの多いデッキに対して非常に有効。sjowがキレる。

sylvanas-windrunnerpower-overwhelming

シルヴァナス召喚→凄まじき力→自壊効果でシルヴァナスの断末魔発動

そこそこ強い

とまあ、こんな感じである。

レノロックの難しいところは、使い方ではなく毎回与えられる局面が違うため思考が必要な部分。そこは回数こなしたり必死に考えていくしかない。基礎的な部分は意外とかんたんなので、初めてレノロックに触れるということの助けになったなら幸いです。

おわり

スポンサーリンク
審査用広告




審査用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
審査用広告




コメント

  1. Twitterからの通りすがりの名無し より:

    凄い分かりやすいです!ありがとうございました!