ネルゲルはドクターブームなのか

月末が近くなり、HSプレイヤーから腐臭のようなものが漂い始める時期

いっその事完全に失敗してHSという呪縛から解き放たれたいと心の底で願っているプレイヤーも多いのではないか

当然、僕もそんな一般的なプレイヤーの一人である

何故そんな人間が月末ラダーに潜らずこんな記事を書き始めたのか、それには理由がある

ドラクエストーン(ライバルズ)の新環境であった

そんな事にうつつを抜かす暇があるのであれば、少しでもHSの順位を上げるほうが大事な筈だ。しかし、twitterを見ていると、ふと”とある文字”が目に入った。

【ドクター・ブーム】

この文字を見て心がざわつくのは、カードゲーマーとして正常なことだ

最初見た時に感じたのは、テキストの難解さ。ロボとはなんだろう、爆発とはなんだろう、そんな淡い好奇心は早々に殺される

ドクターブームは強すぎたのだ

7コスだというのに、アグロが当然のように採用する世紀末

返しにBGHを出されなければそれだけで試合を決めてしまう馬鹿げた力

そんな彼が、ドラクエストーンでも出てしまったというのだろうか。きちんとナーフされた方の練気を実装したスクエニも、彼の圧には勝てなかったのだろうか

確かに、ドクターブームは結局のところナーフされていない。それを勘違いしてしまった?

僕はすぐさま、ドラクエストーンのドクターブームを調べ始めた

すると、以下のカードが出てきたではないか

ネルゲル。生憎とドラクエXはやっていないので、元がどんなキャラかは分からない。しかし、このカードを見た時、僕は少しだけ落胆してしまった

ドクターブームは、7コスだからこそドクターブームであり、Dr.7なのだ

7/7/7というステータスに、1/1が二体それを囲むように並ぶ、その美しいフォルムこそが彼なのだ

そんなことを考えながらも、僕はテキストを読む

……はて、ネルゲルの配下とは一体何であろう。ドクターブームだというならば、こいつも爆発するのだろうか

取りあえずは対戦で使ってみて使用感を確かめてみよう

ドラクエストーンにおいて、カードパワーが突然膨れ上がるのは9コスである。ゾーマ、シドー、グラコス。どれも並大抵のことでは返せないカード達

そんな中、8コスであるコイツはどうせ見劣りする存在。ネルゲルの配下も、どうせ2/2とか3/3のトークンであろう

僕の予想は的中する。8ターン目に召喚したコイツは、エンド時に3/3のトークンを生み出した

なんだ、こんなものか

におうだちが付いているのは偉いが、こんなのでドクターブームと張り合おうなんて下らない

しかし次のターンのエンド時、5/5のトークンを生み出した

どういうことだ

先程まで3/3だった存在が、いきなり5/5になっている。ネルゲルの配下は一種類じゃないのか? まさか翡翠のように成長していくのか?

色々と確かめたかったが、その試合はなぜか付いていた二回攻撃で相手を殴り殺して終わった。なんでこんな文字がついているのだろう

次の試合で、僕は同じように8ターン目にネルゲルを召喚する

そいつはエンド時、5/5トークンを生み出した

どうなっているんだ

僕はその結果に目を疑った。さっきは3/3トークンから出したじゃないか。何で今度は5/5からなんだ? というか、どうしてお前までにおうだちが付いているんだよ

何回も試している内に、ネルゲルの配下は先程の二種類しかいないことに気づく。しかもそれがランダムで出ていることにも

なんということだ

確かに、ここにブームボットは存在したのだ

爆発ではなく、自分のステータスを強化するという方向性で

あのブームボットですら、1~4点を刻むのに、こちらは 3 or 5

素晴らしい、まさに僕が望んでいたe-sportsだ

そこで、ふとネルゲルのステータスを思い出す

8/4/6、お世辞にも綺麗とは言えないステータス

しかしなんということだ、これはドクターブームの致命的な欠陥が治っているではないか

そう、ドクターブーム唯一の天敵だ。こいつのせいで、ドクターブームは少しだけリスクを背負ってしまっていた

ドラクエストーンのBGHとも名高いアンルシア。それが、4/6というステータスのお陰で完璧に回避されているではないか!!!

ああ

これこそ人類が求めていたドクターブーム

e-sportsを備えた完全な出し得カード

有難うドラクエライバルズ

有難うスクウェア・エニックス

……こんな記事のために1時間以上の時を無駄にしたの、割と後悔してます

スポンサーリンク
審査用広告




審査用広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
審査用広告